« December 2007 | Main | February 2008 »

January 27, 2008

サッカーボールは好き

Dai2_080126
最近犬のおもちゃでブームなようです。『ワンダーサッカーボール』。
昨日大吉のリードとお散歩時のうんち袋を買いに行くと980円で売っていたので思わず買ってしまいました。ネットだと1,250円ぐらいで売っていたので「安い!」と思ってデス。でも、ボールはすぐに破壊してしまう大吉にはもったいないかな(^_^;
今日はそのおもちゃを持って散歩に出かけました。
ボールは固いプラスチック製で、中に単三電池を入れます。するとモータが動いてボールが不規則に動くというおもちゃです。恐がりの大吉はどうするかな?
いつもの1時間かけての散歩の後、お墓の前の広場でリードを伸びるタイプのリードに付け替えてボールを見せてやると・・・ 「はやくちょうだい!」と行っているかのようです。目をまん丸にしてお座りでもじもじしてます。大吉はボールやお菓子を投げてやるときなぜか体がもじもじしちゃうんですよね。かわいい(*^_^*)
投げると割れてしまいそうなので転がすと、猫のように追いかけて両前足ボールを捕まえて離しません。その間もボールはぶるぶると動いています。大吉両手で押さえていつものように噛むのですが、固くてかめないようです。逃がすまいと両手で握ってお尻をもっこり突き上げている姿はまさしく”黒猫”ってかんじです。
ボールをかじっているうちにスイッチを押してしまったようで動かなくなると、ボールを片手で押さえて「ボール動かないよ、蹴ってよ!」と言うかのように私の顔を見上げるので蹴ってやるとうれしそうにボールを追いかけます。また噛んでいるうちにスイッチが入ってボールが動き出すと、大吉も楽しそうでした。20分ほど経って当たりも暗くなったので「大吉帰ろうよ」と声をかけても無視されました。
でも運良くまたスイッチが切れて、ボールが動かなくなったので大吉に「お座り」といってもなかなか聞いてくれません。昨日の事もあったので無理にボールを取り上げて噛まれても困るので、大吉が座るまで待つことにしました。
ボールは動かないし、私もそのボールを蹴ってあげないでいるとあきらめたのか、大吉はボールから離れました。そのスキにボールを取り上げてウエストポーチに入れると、大吉は立ち上がって私のポーチに顔をつっこんで来ましたが、あきらめた様子でやっと自分からお座りしてくれたので散歩用のリードに付け替えて家に帰りました。
大吉はこのボールは気に入ったようで、暫くは遊べそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2008

大吉大脱走劇

家に帰ると母が大吉が散歩中にリードがはずれてしまって、心臓がドキドキだったと話してくれました。
リードがはずれた後は、川の土手を降りていってしまい見えなくなったので、川に落ちたのかと心配だった事。駅前で待っている人数人に、ちんちんの芸を披露していた事。見失うと一匹で横断歩道を無事に渡って、我が家の隣の車屋さんで遊んでいた事。喉が乾いても外の水は飲まずに、我が家の水入れ目がけて母より先に家に帰った事。などなど・・・。
結局母がリードを付けようと近づくと唸ったそうなので、無理に付けずに水を飲みに倉庫(大吉の現在の家)に入ったところを閉じこめて、今もそのままだと言うことだったので、私が叱ることもなくいつものようにお菓子でお座りさせて鎖につなぎました。人を噛んだり、車にはねられたりという事故がなくって、本当に良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2008

隣町までの冒険

Dai2_080114_3
今日は連休最終日。一度行ってみたい散歩コースだけどどれくらいの距離があるのかわからないので、いつもの休日散歩時間より早めに家を出た。
最近の大吉は、私の姿を見ると少しだけうれしそうな態度を見せてくれる。きっと家族の中で遠くまで散歩につれていってくれるのが私だけ。少し株が上がったかな。(^^;)
しつけの記事や獣医さんの意見に、知らない場所で散歩させれば犬は不安だからおとなしくなるし、飼い主との信頼関係もきづきやすいというのがあった。そうか、大吉が不安ならリードも引っ張らないし、怖い場所があったらリーダーらしく私が振る舞えば、信頼関係がまた戻る可能性があるということかな。
知っている道はどんどん進むけど、たまにしかこない道なので大吉は時々不安になるのか、歩くペースがゆっくりになる。前回よりの難関、嫌いな犬のいる場所は相手の犬が小さくてもこちらを向いていると認識できる距離の時点で大吉は動か なくなった。勇気づけて2度ほど前に進んだが、3度めはだめ。座り込んでしまった。「大吉帰ろうか」と声をかけてもと来た道を進むと、道路の反対側の脇道にとことこ歩き出した。ここは大吉が前回犬を回避するために通った道。しっかり覚えていたんだね。
その道を抜け、いよいよ今日はじめて行く道には行った。初めての道は楽しかったり急に不安になったりと、私の前を歩いたり、後ろを歩いたりです。途中万博の跡地の大きな陶磁器のオブジェがあるところに着いたとき、陶磁器をバックに大吉の写真を撮ろうと、お座りさせて離れると、不安なのかすぐに足下に来てしまい写真はあきらめました。
また道なりに進むと長い下りの坂道です。帰りにこの道を上るのはやだな。国道に出よう。この町は柴わんこを飼っている家が多いのでしょうか、出会う人出会う人は柴わんこづれの人ばかり。ある人は5匹もつれていて、犬ゾリ状態。引っ張られていました。(^^;) 1匹だけコーギーに合いました。コーギーも成犬になると大きいですね。大吉が小さめなのかな。
国道沿いにでると大吉は不安そうで、速くは歩いてくれません。「大吉大丈夫だよ、もうすぐお家だよ」と励ましながら行きました。
信号の無い横断歩道は、動かなくなるといけないので走ってやるとうれしそうでした。走るのは大好きみたいです。もうあと5分程で家に着くというところで他の散歩わんこがかなり前を歩いていました。大吉は興味津々で、そのわんこのマーキングした後を匂いをかいでチェック。一カ所は大吉が匂いを消すかのように、その上にマーキングしてました。(^^;)
無事我が家に到着。軽いブラッシングもさせてくれたし、リードを鎖につなぎ変えた後におやつを手から渡した後に、口元を手でサッと撫でたがいやがる様子もなかった。
また少し以前の大吉らしさが戻って来た気がして、うれしかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2008

いつもと違う散歩コース

Dai2_080112_2
 お昼過ぎまで降っていた雨もやんだので、大吉と散歩に出かけた。今週は3連休なので、3回とも同じコースではつまらないだろうと(母の散歩より喜んでもらえるように(^_^;))、大吉も1度しか行ったことがないコースへ行った。まだ出来て3年しか経っていないので道路も新しく、歩道も広い。車も少なければ人もほとんど通らない。そんななかパグ2匹ともう一匹小型犬を散歩している男性に会ったが、大吉がうんちをしていたので驚かないか心配していたが、うんちをし終わった大吉は犬たちを見つけるとうれしそうに立ち上がってゆらゆらとしっぽを振っていた。どんな犬も苦手だと思っていたのに、あの犬たちは大丈夫なんだ。それとも、性格が変わってきたのかな?
 去勢手術をしてまだ3週間だけど、少し変わってきた点がある。
1. 脚を上げておしっこはするけど、1回目ですべて出切ってしまい後は格好だけ。
2. 散歩でのウンチの回数が1回から2回程度に減りました。以前は多い時に5回もしていたけど。
まだわからないけど、私の姿を見ただけで唸ることもなくなりましたが、これは去勢手術の結果かどうかわかりません。というのはうなるようになってからは、大吉への接し方をいろいろ変えてみたので、それの効果かもしれません。
 途中、何かにビニールシートがかぶせてあるのを見つけて立ち止まってしまった大吉ですが、前回同様大吉が私の顔を見上げてタイミングで「大吉いくよ!」と声をかけて小走りすると不安そうな顔をしながらも私についてきてくれました。もちろん通過出来た後は「大吉すごいね!上手だよ!」と声をかけてあげました。
大学入り口まで行ったら、道路の反対側へ渡って帰ろうと思ったら、もう少しのところで犬の吠えるこえにまた止まってしまった大吉。2度ほど勇気付けて前に進みましたが、3回目は座り込んでしまいました。無理はさせてはいけないので、ココで道路の反対側の歩道に渡って帰ることに決めて私が歩き出すと大吉もそれがわかったのか着いてきます。でも帰らず、わき道をどんどん進んでいきます。「そっちに行くと、わんこがいる方から帰らなきゃいけないよ? いいの?」と声をかけたけど、気にしません。けっきょく吠えていたわんこの家の近くを通って帰りましたが、道路を挟んだ反対側だったので平気なようでした。
 帰りに通った歩道には消火栓の蓋がかわいいイラスト入りだったので、写真を撮ることにしました。大吉も一緒にとろうとうろうろしていたのですが、なんとか大吉が私のほうを見たときにシャッターがきれて、いい写真が出来ました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2008

私にしっぽを振ってる!

Dai2_080107_1
外飼いにしてからというもの、散歩リードを持っていない時は警戒して固まってしまうようになった大吉です。少しづつ固まる時間が短くはなってきていますがまだまだ。お菓子をみせてお座りさせますが、私がいなくなるとほっとするようです。
 大吉を抜糸のため病院に連れて行った時に、獣医さんは大吉にテンション高くじゃれるように接していた。大吉はいつも家族以外の人にはうれしそうに耳を下げ尾を振る。もしかして、私がテンション高く大吉に近づいたら大吉はどんな反応をするんだろう・・・。
試しにお菓子も持たず、大吉の方に左右にジャンプしながら楽しそうに近ずくと、固まっていた大吉が行ったり来たり走り出し、猫の延びのような姿勢をして、少し尻尾を振ってくれました。そういえば、私が大吉に接する時はいつもしつけをしようと命令ばかりしていたのかもしれません。世間一般ではあまやかすと攻撃がエスカレートするような事しか言わないけど、犬の性格によっては逆に甘えられずに怒ることで自分の気持ちを伝えるようになってしまうのかもしれないと考えました。
その考えの基となったのは、噛み犬になってしまったコーギー犬のブログと、クイールを育てた訓練士さんの本、他にもいろいろなサイトの記事を読んで、私が出した今のところの結論です。
これからは出来る限り、毎日少しの時間でも遊んでやろうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2008

久々の散歩

Dai2_080106_3
 大吉が去勢手術をしてから、初めて一緒に散歩した。 今日は早めの時間に出発したので、たっぷり歩かせてやろうと思った。前回まではしつけだと自分に言い聞かせ、少しでもリードが張ったら止まるようにしていたが、それはやめることにした。私が引っ張られたら止まることにした。我が家の大吉は愛玩犬として迎えたんだし、他の人に迷惑な事をさせない程度のしつけだけをすることにした。
 いつもの散歩道だけで恐がりの大吉には良くないと思い、ちょっと脇道に進んだ。一度だけは行ったことがあったので、難なく進んでいったしうれしそうに見えた。途中資料館の敷地を通らないと先に行けないので、今日は引き返すことにして来た道を戻って行ったけど、途中「ここには入らないで」と書いてある布のような物が縄に何カ所かくくりつけてあって、それが風で揺れているのを見て、立ち止まってしまいまいた。風で地面を動いているコンビニ袋は喜んで追いかけるのに、くくりつけてある物が風で不規則に動くのは苦手なようです。無理に引っ張るともっと怖がると思い、一緒に足を止めて大吉を見ていました。大吉はたなびく布をしばらく見ていましたが、私の方に顔を向けたので「大吉、行くよ!」と声をかけて歩き出すとついて来ました。何度か立ち止まったのですが、声をかけるとついてきてくれました。その都度「大丈夫だよ」とか「すごいね」と誉めてやりました。 難関を突破すると大吉もうれしそうでした。でも臆病な性格からか、何度も振り返ってました。(^^;)
 いつもの公園の入り口まで来ましたが、人がいなかったので車のロータリーまで進んでモリコロと記念写真を撮ったのですが、少し離れると来てしまうので横顔しかとれませんでした。でもかわいいです。
 これからはすべてに厳しくあたるのではなく、緊張しているときはおどけてやったり、怖がっているときは勇気がでるまで待ってやろうと思っています。これで大吉の性格が小さかった頃のようにすなおで明るくなるといいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »