« March 2014 | Main | June 2014 »

April 26, 2014

4/25 大吉Xデーは、Happyでした。

今日は大吉の狂犬病予防と混合ワクチン接種の日でした。
毎年獣医の先生に来ていただいています。
土曜日は先生の都合が悪かったので、先日イベントで休日出勤した時の振り替え休みを使って、平日にしました。
いつも苦労するのが、口輪をるすこと。
本気噛みをるす大吉が、先生を噛まないようにいつも口輪をするようにしています。
今回も素早く出来るように、何度も陰で練習を重ねてきました。

先生が到着すると、いつものように先生をちびっちゃうほど大好きな大吉は大歓迎しています。

診察用に用意した机に登らせると、高い所が苦手なのでビビっていましたが、先生が顔を近づけてよしよしすると、恐怖を忘れてすごい喜んでいます。
口輪をしようとしたら、先生は大吉の様子を見て、「これなら口輪をしなくて大丈夫そうだよ」
というと、私がリードをしっかり持っている間に、

耳下げて喜んでる大吉に、先生は2本の注射を手早く済ませてしまいました。

どうもあまりの嬉しさに、痛い事されてる事に気づいてないようです。
さすがプロです。

そんな感じで数分で終了。
取り越し苦労でした。

でもなんであんなに先生が大好きなんだろう。ちょっと焼けちゃいます。
また来年も来てくれるって言ってたよ。よかったね大吉。

先生が帰った後も、すごくいい笑顔をしてました。
Dai2_140424_1
数時間後覗いてみると、かなりリラックスしていて、短い足を曲げて座っている姿がかわいかったです。
Dai2_140424_2

大吉にぽっちっと一票!

よろしくねdownwardright
にほんブログ村 犬ブログ  <br /><br /><br />
黒柴犬へ
にほんブログ村

ぽちっとヨロシク!downwardleft

blogram投票ボタン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2014

4月6日 大吉とやり直し。

大吉またまた反抗期。
Dai2_140406_1
今回はひどく指を噛まれた。皮の手袋をしていたので、血の出るような怪我はしなかったけど、かなり危険を感じた。震えながら唸るので、怖さで襲ってきたのかと思っていたけど、よく観察してみると無視した日はベットや毛布を荒らしているので、これは自分の思うようにいかないから、暴れているのだ。
そうとわかれば、もう手加減はしないぞ!
昨日から無視!声も掛けない。要求にはこたえない。散歩も徹底的に大吉の行きたい方向と逆に行くぞ!

大吉と我慢比べだ!
アイツは手強いから、私が先に折れないように頑張らねば。
でもこの調子で予防接種の日は大丈夫かなぁ。
Dai2_140406_2

大吉にぽっちっと一票!

よろしくねdownwardright
にほんブログ村 犬ブログ  <br /><br /><br />
黒柴犬へ
にほんブログ村

ぽちっとヨロシク!downwardleft

blogram投票ボタン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2014

3月29日 絵画の哲学

次の絵はケイトウの花を描こうと、下絵の準備が出来たので、F6 の麻張りボードを持っていって、下絵を写していたら、先生からもっと大きな作品にしなさいと言われた。
50号がいいと言われたけど、描くのはケイトウの花1本だけ。巨大なケイトウ?
なんか面白そうだけど、飾ると怖いよね。
50号はかなり大きいので、教室に持っていくのが大変。(ToT)
なので、今買い置きのある25号で許してもらいました。
同じ席で描いている先輩も、大きな方がいいと言う。

いつも午前中の日本画教室が終わると、先生を交えてお昼ご飯を食べについていく。
強制でもないし、そこそこお金がかかるので断ってもいいのだけれども、初めは日本画について何の知識も無かったので、食事について行けばきっと色々な事を教えてもらえると思って、ついていった。
実際教室では教えてもらえないような技法の話や、他の画家の話し。政治の話し。
そして「絵を描くということとは何か」と哲学など、いつ参加しても話題は尽きない。
今回は、
あなたにとって、絵のための人生か、人生の為の絵か。

どういう事かと言うと、生活を犠牲にしてでも描き続ける画家のように生きていくのか、人生を豊かにするため趣味として絵を描くかという事のようです。

学生時代から水彩や油絵。定年してから日本画を習って20年になる同じ教室のお友達が、いつも嘆いているのを思い出す。自分の絵は絵画ではないと。
とても写実的なきっちりした絵で、誰が見ても上手なです。でもその絵にはメッセージが込もっていないと言います。
私が習いはじめの頃はそんなことないと思っていたのですが、最近それが分かってきた気がします。
描いている本人はメッセージを込めて描いているのですが、それが上手く表現出来ない。絵に表れて来ないのです。
自分がその絵を描くときに感じた美しさ、醜さ、喜びや怒りを、説明なしで見る人も同じように感じてくれたら、それが最高な絵画だと思う。
自分が描く絵がその領域に達するまでには、まだまだ時間がかりそう。
自分はこの先、絵に人生を捧げるか、絵を人生に捧げるか。
果たして自分はどうしたいんだろう。考えさせられました。

後々考えると、絵を描き続けるなら、そろそろ大きな作品作りも経験した方がいいと、背中を押してくれたのだと思った。
Nhg_140405

大吉にぽっちっと一票!

よろしくねdownwardright
にほんブログ村 犬ブログ  <br /><br /><br />
黒柴犬へ
にほんブログ村

ぽちっとヨロシク!downwardleft

blogram投票ボタン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2014 | Main | June 2014 »