June 12, 2011

6/11 大吉ライオンヘアー

Dai2_110612_1

肩から下はすっかり夏毛になったのですが、首元と頭が生え換わり中で、ライオンのタテガミのようになっています。
ずいぶんほっそりしましたよ。

大吉にぽっちっと一票!
よろしくねdownwardright
にほんブログ村 犬ブログ  <br /><br />
黒柴犬へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2008

誕生日はケーキ

Dai2_080914_1
今月10日は大吉の誕生日。去年はいろいろと問題があったけど、2歳の誕生日は病気することなく迎えることができました。先代の大吉の分も、長生きしてほしいと思いました。
今の大吉に心配事が多いためか、先代の大吉のことは少しづつ記憶が薄れてきているけど、亡くなった日のことを思い出すと今でもウルウルしちゃいます。赤い首輪は先代の大吉だけと決めていたけど、もしかしたら先代と同じ赤にしたら、今の大吉もやさしくなるかな・・・なんてほのかな期待をして、7月のシャンプーの時に赤の首輪に替えてみました。やっぱり黒柴は赤が似合います。
少しずつですが、以前のように私のことを警戒しなくなてきたかな?
これからもよろしくね、大吉。

大吉にぽっちっと一票!
よろしくねdownwardright
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 06, 2006

愛情は大きな荷物も平気にする

Dai2_061106
仕事から帰ると、大吉のベッドがあった。母が買ってきたのだ。母は車に乗れないのに、よくこんな大きなものを買って帰ってきたものだ。愛情ってすごいな。
ずいぶん遊びが上手になってきたのはいいけれど、人の手や足を狙ってくる。噛む力はまだそんなに無いが、歯が細いので噛まれると痛い。そういえば先代の大吉も噛み癖がなかなか直らず、亡くなる1ヶ月ほど前にやっと噛まなくなって、これから先、いい関係で付き合っていけると喜んでいたのに・・・。今でも思い出すと悲しくなります。
きっと2代目大吉も1年は噛まれ続けるのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2006

昔の日記やっとUP出来ました

Dai_060717
ずっと書き溜めていた大吉が亡くなってからの日記を今日やっとUPすることが出来ました。これからも日記は続ける予定ですが、一番悲しかった時期のものをUPで来て良かったと思います。ペットロスについて、もっと理解をしてもらえるならと思い、つらい思い出ですがすべて載せました。私はまだ軽い方ですが、悲しみから立ち直ることは誰でも出来ると信じています。興味があれば是非大吉が亡くなった1月21日からの記事を読んでいただきたいです。
写真は去年の今頃の大吉。ゴミ袋を遊び道具にして自慢げです。ウインクしているのが分かりますか?(*^。^*)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 25, 2006

5月20日 動物病院からの電話

動物病院から電話があった。以前から頼んでいた子犬のこと。今妊娠中の犬がいて、2ヵ月後になるが、飼う気が有るかどうかの確認だった。すごくうれしい知らせだった。
大吉、もうすぐお兄ちゃんになるんだね。大吉みたいに賢い子だといいのだけれど・・・。でも少しおとなしい方がいいかな。大吉はやんちゃで力も強かったから、毎日相手するの疲れちゃったからね。
でも健康が一番。丈夫な子が生まれますように

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2006

ペットショップから手紙が届く

大吉を購入したペットショップから手紙が届いた。
中身は分かっていた。大吉と私の写真です。
大吉は1ヶ月に1回、購入したペットショップにトリミングと餌を買いに通っていました。そのペットショップでは大吉を購入した頃はまだ開店してそんなに月日が経っておらず、黒柴を販売したのも大吉が始めてだったそうです。柴犬は一般的には頑固な性格で、飼い主以外の人は警戒したりするそうですが、大吉は人が大好きで、愛想がよかったのでそのペットショップでもとてもかわいがっていただきました。
大吉が1歳になる前、いつものようにペットショップにトリミングに行くと、写真を撮って飾りたいといわれたので、快く承諾しました。大吉も上手にお座りをしてくれて、いい写真になりました。
そのときの写真を送ってくださったのです。
手書きの手紙も入っていたのですが、少し読み始めたところで涙が止まらなくなり、読み進めることは出来ませんでした。
去年の今頃は、時々夜に、夜でも明るくて広い駅までよく散歩に行っていました。あの頃はまだ散歩に行き始めて1ヶ月ぐらいで、上手に並んで歩くことは出来ませんでしたが、楽しかったです。思い出すととても寂しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2006

自分らしくない行動

今日まで、中国に出張に行っていた。当初は私が行く予定はまったく無かったのだが、行く予定の人が急病で行けなくなってしまって、私が急遽行くとになったのです。
出発の三日前のことでした。普段の私なら昼食をとるのに外に出るのもいやなのに、なぜ行くと行ってしまったのか。自分でも不思議だった。そういえば以前にもいやなことが続いたりした時、一生のうち私の性格なら海外旅行はありえないなと思っていたのに、不意に友達に誘われて、行ってしまった事があった。今回もそれに似ていた。
出張中は意外とスケジュールがいっぱいで6日間あったが独りになる時間はほとんど無く、大吉のことを思い出すこともなっかた。ただ出張中寂しくならないようにと、以前大吉のお散歩紐で作ったストラップをかばんに付けていった。
出張の最後の日、ホテルでそろそろ休もうかとふと着ていた服を見ると黒い毛が付いていたので手にとって見ると、大吉の毛だった。大吉がいた頃はいつも服に付いて困っていた毛が、最近ではほとんど見かけなくなっていたのにこんなときに見つけるなんて。
大吉が大きくなって、もう少しおとなしくなったら一緒に旅行に行ってみたいと思っていたけど、それはかないませんでした。でも今一緒に中国に来ちゃったんだなと思うと、やっぱり寂しい気持ちになりました。

もし大吉が生きていたら、中国出張は断っていたかもしれません。でも断らずにきた事で、得たものはいっぱいありました。少しだけだけど、自分が以前より強くなった気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2006

リッキーの夢を見ました。

明け方、久しぶりにしっかりとした夢を見た。
リッキー(以前飼っていたハスキー犬)が帰ってきた夢だった。私が倉庫にいると、犬の気配を感じた。外を見るとリッキーがいた。近づくと、離れてしまう。「おいで」と言って、手を差し伸べるとまるで一定の距離をとっているように、離れ、あきらめてリッキーから離れると、近寄ってくる。とても切ない気持ちになった。そういえば去年のいつ頃だったか、リッキーの夢を見た。あの時はリッキーは他のハスキー犬と自然の中で暮らしている少年と楽しそうにしていた。私はその姿を見て、リッキーは家に帰ってくるよりも、ここで暮らすほうが幸せだろうと思い、呼び戻すことも無く分かれた少し悲しい夢だった。リッキーはそのときのことを悪かったと思っているのだろうか。こちらに来たくても来れないといった風に見える。ふと気づくとリッキーの足元に茶色のミニチュアダックスがうろうろしている。ためしにそのダックスに「おいで」と声をかけてみた。するとそのダックスはうれしそうに尻尾を振りながら私の足元にやってきた。撫でてやるとうれしそうにまとわりついてきた。なぜか私はそのダックスを『チャッピー』と読んでいた。でもそのダックスはその呼び名に答えてくれていた。しばらくそのダックスと遊んでいて、ふとリッキーに目をやると、さっきまで離れていたのに今は犬小屋に入ってくつろいだ様子でこちらを見ていた。私はまた逃げてしまうのではないかと心配しながらも恐る恐るリッキーに近づいて頭に手をやった。リッキーは逃げる様子も無くじっとしている。私はリッキーの頭を撫でた。リッキーはうれしそうに目を細めて、私の手に顔を押し付けて甘えてきた。
そのときやっとリッキーが家に帰ってきたんだと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2006

そうだ、大吉のサイトを作ろう

お昼休み、今日は会社でコンビニ弁当にしようと思っていたけど、席のお引越しを早々とする人がいて、ほこりの中でお弁当を食べる気がしなかったので急遽スタバでサンドイッチでも食べることにした。サイト作りの本が読みかけだったのでそれを読むことにした。大吉のサイトを立ち上げようと思い、そろそろメモでなくエクセルを使って、やることを表にまとめようと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2006

大吉が亡くなって1ヶ月

今日は大吉の命日。もう1ヶ月が過ぎたんだね。
大吉の肌触りの感覚は悲しいかな、もう思い出せなくなってしまいました。人間の記憶なんてたいしたことないね。あんなに毎日触っていたのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)